ドローンはどこでも飛ばせる?空撮前に確認すべき規制

ドローンは空から地上を空撮することができ、近年様々な分野で活用されています。例えば、農業、スポーツ、災害など様々な状況の中、ドローンは活躍の場を広げています。ドローンで地上の状態を確認したり、空撮したりする場合に注意すべきことがあります。それは法律による規制があることです。ドローンを使用する際は、規制を守り安全に活用することが大切です。

ドローンの空撮ができる場所

ドローンの空撮ができる場所

ドローンは、どこでも自由に飛ばすことができるわけではありません。ドローンを飛ばす際には、航空法によって「場所による許可」と「空撮する方法によって必要な許可」があります。どこで飛ばすのか、どうやって飛ばすのかなど、実際にドローンを操作する前に、しっかりと確認しておくことが大切です。

例外として、屋内での飛行は規制の対象になりません。申請をする暇がないという場合は、室内飛行施設を利用して練習するのも一つの手です。

ドローン飛行に関する規制

ドローンを飛ばす場合は、機体の重量にも意識を向けなければなりません。バッテリーを含めた機体総重量が200グラム未満のドローンは、航空法の対象にはなりません。しかし、バッテリーを含めた重量が200グラム以上の場合は、航空法が適用されますので注意しましょう。

飛行許可が必要な具体的事例

飛行許可が必要な具体的事例

どのような場所で空撮する場合、許可が必要になるのでしょうか?具体的には以下のとおりです。

  • 空港周辺
  • 150メートル以上の上空を飛ばす場合
  • 人家の密集している地域
  • 国の重要な施設がある場所
  • 道路の上空
  • 私有地の上空
  • 夜間の飛行
  • 目視外飛行
  • 人や建物と30メートル未満の距離での飛行
  • イベントなど催し物が開催されている場所での飛行
  • 危険物を搭載しての飛行
  • 物件投下の禁止

などがあります。このほかにも規制がありますので、事前に確認する必要があります。

空撮用のドローンを購入したい方は、kirakirashopをご利用ください。空撮用に最適なDJIのドローンを、通販で提供しています。美しい景色やスノーボードを行う様子など、様々なシーンで役立つ空撮用ドローンをご用意していますので、気に入る機体がありましたらお気軽にご注文ください。迅速にお届けいたします。

空撮用のドローンを購入するならkirakirashop

会社名 kirakirashop
住所 〒400-0851 山梨県甲府市住吉4丁目23−27
道順 ネット通販のみです。
電話番号 090-9015-4172
URL https://kirakirashop-with-sbsa.com/